魅力あふれる切手の世界

切手買取で価値の高い明治時代の切手の種類

切手はコレクターが多いアイテムの1つのため、同時に買取を利用する人も多いという特徴があります。そのため特に珍しい切手やプレミアのある切手の場合は、切手買取を利用した際に高額で買い取ってもらえる場合がとても多いです。また人気のある切手なども高額になりやすいですが、切手の中でも明治時代に作られた切手は人気のある種類の1つです。そのため買取店舗でも需要が多い切手の種類のため、買取でも査定額は高めに設定されています。では実際に明治時代に作られた切手で人気にある切手ではいくつか種類があります。まず見返り美人や月に鷹に、えび蔵やビートロを吹く娘などがあります。これらは浮世絵などの画像がそのまま切手に書かれているタイプになり、人気のある種類になります。また数自体は少ないので、コレクターにとっては人気の高い切手となります。そのため切手買取を利用する場合は、数万円から数十万といった高額な金額がつくことの多い切手の種類になります。