前へ
次へ

賃貸マンションの退去時は立ち合いは必要か

賃貸マンションを利用するときは不動産会社が窓口になることが多く、情報収集から内見の準備なども不動産会社が行ってくれます。内見をして契約をするときに物件の所有者である大家が登場してきて契約書を交わすことになるでしょう。物件によっては大家から委託を受けた管理会社が代わりに手続きの場に立つこともあります。入居をするときにはガス会社などに立ち合いをしてもらって入居をし、退去時にも同様にガス会社などに立ち合いをしてもらいます。賃貸マンションを退去するときには大家や管理会社に立ち合いをしてもらうかどうかがあり、契約書によっては退去時に立ち合いを希望するかどうかを書くときもあります。退去時の立会いでは原状回復の話をすることができ、どの部分は入居者責任でどの部分は経年劣化でなどをその時に示してもらえるでしょう。立ち合いをしてもらえないと原状回復における責任部分があいまいになり費用負担が大きくなる可能性があります。必ず立ち会ってもらって入居者責任部分を示してもらいましょう。

Page Top